集中力を節約!「いざという時のために温存する。」方法とは!?

日々の勉強や仕事に追い込まれて、集中力が消耗していく一方、1日を通して
集中力を保っている人っていますよね。

そんな人と集中力を保てない人の差って何なのでしょうか。

それは、集中力(ウィルパワー)を節約できているかいないかの差です。

その説明方法が「習慣化」です。

無意識のウチに行う!

習慣化の良さは、簡単にいうと自然に行えるか。

例えば、幼少期に自転車を乗る練習を行いますよね。

コマ無しに乗れるまで、倒れないように注意をはらいながら行います。

そのうちに自然と補助輪なしでも乗れるようになります。

小学生になると、ほぼ無意識のままこぎ出せるようになり、
倒れず、転ばらずに乗れるようになります、

これは、集中をつかさどる前頭葉を使わず、習慣化(自然と)によって小脳が主に使われるように
なっているからです。

このように1日を通して集中して作業を行える人は習慣化によって
維持できます。

そして余った時間を、他の重要なことに集中してスキルアップを行いましょう。

SNSフォローボタン

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。