集中力を維持するには!?集中力を奪う他の欲求撃退する!

集中力を奪うもの例として、

「〇〇さんにメール送らないと…。」

「これを買っておかないと…。」

「〇〇を予約しておかないと…。」

など日常生活や仕事などで細かな事柄ってありますよね。

「〇〇をやらないと…、でも後でやろうかな。」

「〇〇を保留しておこう。」

この保留している期間、集中力が常に使われています。

ですから、決断はすぐにするか実行したほうがいいのです。

即決できる仕組み作りましょう。

細かな物事の処理は、バッチ処理

細かな仕事は、「バッチ処理」するのが一番!。

バッチ処理とは、細かな仕事を1日の終わりなどにまとめて片付ける処理法です。

ポイントは、まとめて最後に行うのが重要です。

用意するのが、大きめの付せんやスマホのメモ帳、またはそれ専用のノートもいいと思います。

仕事や勉強中に、ふとやらないといけない雑事を思いついたり思い出したりします。

そしたら、付せんやメモ帳などに書き留めておきます。

メモした後は頭の外に放り投げてしまいます。

集中状態に入ったら、そのこと以外はやらない。

そうすることで集中力は、長い時間維持することができます。

そして、仕事や勉強が終わった後にまとめて雑事を行います。

まとめて処理するという「バッチ処理」が大切です。

ここで重要なのが、決して明日に持ち込まない。

付せんやメモに書いた事柄は、すべて今日のうちに行う。

ですから、打ち合わせや話し合いで「日を改めてミーティングする。」など先延ばしにしていると
頭の中でずっと集中力を使い続けてしまいます。

ここで必要となるのが「決断は即座に下す。」です。

集中力を奪う他の欲求を撃退する為にも、バッチ処理をおこなっていきましょう。

SNSフォローボタン

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。