clubwish一覧

「疲れてやる気が起きない。」「モチベーションが上がらない。」は嘘!!

勉強や仕事をしているウチに「疲れたなぁ」「やる気が起きないなぁ」なんて経験ありませんか。モチベーションが上がらない、もしくは下がったなどの言い回しもしますよね。実は、疲れ、やる気、モチベーションというのは主観的なもので勝手に上がったり下がったりしません。

集中力を高めて、短時間に勉強をはかどる方法とは!?

勉強を始めるには、取り組む時間を短くするほどはかどります。時間があると人間は「あれもこれもやれる…」と思ってしまい結局思っている状態ほど集中できずに結果に結びつかない可能性が高くなります。こういう事態を避けるためには非常にシンプルな対応策が必要です。それが、『勉強や仕事の時間を短く区切る』コトです。

集中力を上げ長く勉強する方法!集中時間を効率的に上げるポイント

集中力は、勉強や作業を行っていると徐々に高まっていき、ピーク時を過ぎるとグンと急降下する性質があります。もともと集中力は持続できない性質を持っています。そこで、『集中力は長く続かない』という性質を逆手にとって集中できる時間を効率良く勉強や作業に取り組みましょう。

集中力を節約!「いざという時のために温存する。」方法とは!?

日々の勉強や仕事に追い込まれて、集中力が消耗していく一方、1日を通して集中力を保っている人っていますよね。そんな人と集中力を保てない人の差って何なのでしょうか。それは、集中力(ウィルパワー)を節約できているかいないかの差です。その説明方法が「習慣化」です。

集中力を維持するには!?集中力を奪う他の欲求撃退する!

集中力を奪うもの例として、「〇〇さんにメール送らないと…。」「これを買っておかないと…。」など日常生活や仕事などで細かな事柄ってありますよね。「〇〇をやらないと…、でも後でやろうかな。」「〇〇を保留しておこう。」この保留している期間、集中力が常に使われています。

脳が「疲れてる・疲労している」って思う本当の理由とは!?

朝起きて、意欲十分に「今日は〇〇をがんばるぞ!」と思っていても昼休みを過ぎて、日が沈む頃には疲れ果ててしまうってことありませんか。そして、知らず知らずのうちに「明日やるか」なんてことになってしまいます。これって、性格の違いや集中力の違いによるものなのでしょうか?

集中力を鍛える!?トレーニング方法とは。

集中力を鍛える!?人によって集中力のうつわは異なります。しかし、簡単なトレーニングをするだけでその総量は増えていきます。はじめは小さなコップだった総量がトレーニングをすることでお鍋やボウルといった具合に増やせるのです。日常で簡単にできるトレーニングをすぐに始めましょう。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク